2020年05月16日

大事な君のための知識と情報






続々報:新型コロナウイルスによるイヌとネコの感染






これまで動物の新型コロナウィルス感染報道は何件かあり

世界の中で最初は犬でした それから猫・・・今回東大から出した研究結果はわざわざ猫を用いて実験したもの


家では親類含めて私が中学くらいの時から 大学付属の動物病院を受診してました

研究者が多いので何度も聞きましたけど「動物から人へ、また人から動物への感染はほぼ無い(寄生虫は別)」と言われました

中には傷から感染など聞くことがありましたが どのあたりまでノーマルなことなのか分かりません

大抵は「稀」ということだと 今回の結果を聞いても単に「恐怖の煽り」「勘違い」させることを

報道が悪戯にやってる気がして 親切なふりは大迷惑に繋がりますよね

読んでるアナウンサーや番組のMCなども 情報を把握してない なんて本当によくあることで

正直 こんな時に「そういう情報はまだ早い」と思うのが感想です

世界恐慌と言われてるのに数件の感染、それも軽度の感染を大々的に出すことは予想がついてましたが

もともと犬猫の殆どがコロナウィルスを抗体としてもってます そのウイルスで致死率の高い病気もあります

しかし昔から今も人感染はありません ただ犬さん猫さんが不運にも発症し死ぬことが辛いばかりです

猫好き 動物好きの方は 読んでおきましょうと訴えたい

当然のことながら 外飼育や遊びに出すことは 病気感染や事故の危険性が十分あるので家の中に閉じ込めて下さい


閉じ込める・・・外を知ってる子たちには辛いところですが 猫はリードを慣れさせて散歩も可能です


家に入るときは足をちゃんと洗って消毒も欠かさないこと

パルボなどは人の靴裏についてきて、そこから感染したという事例がありますので(三種混合ワクチン必要です

うちはノロウイルス用スプレーを帰ってきたら靴底にかけてます

沢山の生き物を飼ってきて10才未満で死ぬことは本意じゃないですよね…年齢は関係ないんですけど



この手の情報に 日本ていう国は弱いと思います

何が弱いかって「未知に弱い」といつも感じますよね

すぐパニックを起こすのは 先ず「記事を読まない」のと「長い動画もパスしてしまう」「でも不安」

別のブログでは目を通してもらいたい一心でリンク先URLと一緒に全文載せたりします

やっぱりせっかく来たのなら読んでもらいたい、観てもらいたい何か考えてもらえたらって思うんで

自分のブログにセンスの欠片も無いことくらいは知ってます、けど(伝えたい)ただそれ一心です


2月に犬の感染を何かで読んだ時 (ああこれは来るな)と危惧してました

どのあたりでこの話題を持ってくるのかなと心配してました

これによって遺棄が増えることや 保健所への持ち込みが増えること

更に感染の危険性アリとかいって無条件で殺処分されたらどうしようとか 凄く考えていました

この際 理由をこじつけて手放したい人もいるだろうからと

人同様 生き物全てに「生存権」がある 生存する理由があると思います


菌やウイルスも そうなのかな・・・と考えることもありますが 

今私 死ぬわけにはいかないんです

publicdomainq-0025343jyf.jpg
posted by ciro noop at 21:12| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする